TOP
  既刊案内
  新着本
  ギャラリー
  店舗案内
  リンク
  E-Mail

 2020年出版
 茂木玲子写真集『魚河岸』
著者は前知識なく築地市場に入り、その活気ある光景に惹かれていった。 圧倒的な魚河岸の日常に躊躇いながらも、シャッターを押していった。 「黒・茶・赤錆がたまらなく愛おしい。薄明かりの人影、水反射に魅せられどれほど夢中になったことか」 (あとがきより)
著者名:茂木玲子
書名:『魚河岸』The Riverbank Fish Market
発行年月日:2020年1月16日
本体価格:3,200円
サイズ:A4変型
造本仕様:上製本
総頁数:96
作品点数:90点
発行部数:300部
編集:大田通貴
装幀:塚本明彦/赤川延美(タイプセッティング)
印刷:株式会社サンエムカラー
発行:蒼穹舎
茂木玲子(もき・れいこ)
1954年山形県酒田市生まれ。一般社団法人二科会山形支部。第67回二科写真部入選。「森山大道写真展 酒田2018」企画・プロデュース
 
 原芳市写真集『神息の音』
「神息(かみき)」は原の造語である。 2019年1月から5月に掛けてこの言葉の元で撮影し、そのフィルムから選ばれた27枚の写真。 残された時間を費やして完成をみて、原は2019年12月16日、永眠の床についた。 本作は文字通りの遺作であり、原芳市が最後に見つめた神のいる光景がある。 「悪くない人生だったよ。自分にそう言い聞かせることで、終焉時の安定を保つしかなかった」(あとがきより)。
著者名:原芳市
書名:『神息の音』Kamiki No Oto
発行年月日:2019年11月22日
本体価格:5,000円
サイズ:A3変型
造本仕様:上製本
総頁数:68
作品点数:27点
発行部数:500部
編集:大田通貴
編集協力:東正通、千頭信介
プリント:和久六蔵
テキスト:高橋義隆
装幀:加藤勝也
印刷:株式会社サンエムカラー
発行:蒼穹舎
原芳市
1948年東京生まれ。主な写真集に『風媒花』(私家版)、『ストリッパー図鑑』(でる舎)、『淑女録』(晩聲社)、『曼陀羅図鑑』(晩聲社)、 『現の闇』(蒼穹舎)、『光あるうちに』(蒼穹舎)、『常世の虫』(蒼穹舎)、『天使見た街』(PLACE M)、『エロスの刻印』(でる舎)、 『東北残像』(でる舎)。2019年12月16日没。
※本書は大判のため、ご注文の際に送料1,000円が加算されます。予めご了承ください。