TOP
  既刊案内
  新着本
  ギャラリー
  店舗案内
  リンク
  E-Mail


[インフォメーション]

橋本勝彦写真集『凪』

橋本の見つめる風景は、時間が止まっている。 この風景に潜んでいるのは、かつてそこにあった時間の堆積であり、過ぎ去った時の姿である。 そして写真となった時間は風景となり、その風景を止めた記憶はいつしかイメージの中にだけ存在していく。 「風が止むと凪になる、穏やかに時を止めて寂れた街角に又静かに時間が過ぎて行く。」

3,800円+税□
2019年4月1日
200部
A4変型
上製本
モノクロ
ページ数:78
作品点数:71点
編集:大田通貴
装幀:原耕一

[インフォメーション]

白石ちえこ写真集『島影』(2刷)

物心がついた頃、ペンギン島に行ったという曖昧な記憶があるのだが、 島へ行く道すがら見かけた風景はぼんやりとしかよみがえらず、 現実離れした絵の中の風景のようでもある。 記憶の中で小さなシグナルを出すペンギン島は、まぼろしの島である。 その島影は、仄暗い記憶の底にゆらゆらと漂っている。(あとがきより抜粋)

4,000円+税●
2015年6月16日(2刷)
400部
A4変型
上製本
モノクロ
ページ数:72
作品点数:43点
編集:大田通貴
装幀:加藤勝也

[インフォメーション]

上滝由布子写真集『糸遊』

上滝由布子の写真は、細い糸が風になびき、覚束ない視界が微かに揺れ、 そんな瞬間に表れる隙間を捉えているような気がする。 目の前には確かな時間と空間は存在しているが、 醒めた微熱に浮かされたような幻惑に似た感覚が『糸遊』には漂っている。 「今、私は寂しい人なのだろうか…、いや、そんなことはない。 ただ、頼りないほど柔らかい蜘蛛の糸が風に揺れているように不安定なだけなのだ。」

3,800円+税□
2019年2月21日刊行
400部
A4変型
上製本
モノクロ
ページ数:76
作品点数:71点
編集:大田通貴
装幀:加藤勝也

[インフォメーション]

平松伸吾写真集『華やかな街の中で』

横浜、神戸、長崎といった日本、台湾、シンガポール、タイといったアジア諸国に点在するチャイナタウン。 平松伸吾はこれらの街を中心に写真を撮り続けてきた。異国の地で生活し、いつしか街へと発展していった チャイナタウンは、生きることへの逞しさを体現し、具体化した空間といえる。 この街で撮り続ける平松の視点もまた逞しさを内包し、華やかなさの一瞬に潜む隙間の表情を捉えている。 なお本作は平松伸吾にとって初の作品集である。

5,500円+税□
2018年12月20日刊行
300部
B4変型
上製本
モノクロ
ページ数:112
作品点数:105点
編集:大田通貴
装幀:伊藤滋章



蒼穹舎編集:   ■千葉雅人写真集『DYUF! でゅふっ』
(発行:私家版)  

  ※表記に関するご説明:
   ●=直接注文、蒼穹舎店頭販売分著者署名入り
   ■=直接注文、蒼穹舎店頭販売分著者署名入り(ご希望の方のみ)
   □=署名なし


注文方法:   ご注文、在庫状況等については、E-mail・電話またはファクスにてお問い合せください。
◆Tel / Fax 03-3358-3974(平日、休日ともにPM1:00からPM7:00まで)
sokyusha@yahoo.co.jp
※蒼穹舍刊行書籍に関して、直接ご注文をいただいた方には、送料無料でお送り させていただきます。

  

ギャラリー:  2019年3月18日(月)ー3月31日(日)
 柴田恭介写真展「湘南時計V」



お知らせ:
蒼穹舎刊行本は、2007年8月以後、特約店及び直販のみのお取扱いとなっております。
また、特約店は現在のところ以下11店舗です(順不同)。

【東京】/ナディッフ本店/ナディッフ東京都写真美術館売店/ シェルフ/ジュンク堂書店池袋店/鍬谷書店/代官山 蔦屋書店
【大阪】Calo/MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店/梅田蔦屋/ /BOOK OF DAYS
【新潟】新潟ブックスf3


今後ともどうぞ宜しくお願い致します。