TOP
  既刊案内
  新着本
  ギャラリー
  店舗案内
  リンク
  E-Mail


[注文方法のご案内]
  ご注文、在庫状況等については、E-mail・電話またはファクスにてお問い合せください。
◆Tel / Fax 03-3358-3974(平日、休日ともにPM1:00からPM7:00まで)
sokyusha@yahoo.co.jp
※蒼穹舍刊行書籍のみ直接ご注文をいただいた方には、送料無料でお送りさせていただきます。
[インフォメーション]

小川康博写真集『The Dreaming』

写真家は50歳を迎え、これまで撮り貯めたネガを見直した。そこには旅に明け暮れた日々の自分がいた。そして暗室の中でかつての自分と対話するようにプリントを見つめた。
「カメラ片手に旅に出るようになってから27年。27年? 神戸港から上海行きのフェリーに乗りこんだあの日からまだそんなに経っていない筈なのに。 まるで夢のようだな、と思う。夢ーあるいは本当にそうなのかもしれない」(あとがきより)

3,600円+税●
2020年2月14日
500部
A4変型
並製本
モノクロ
ページ数:104
作品点数:86点
編集:大田通貴
装幀:加藤勝也

[インフォメーション]

岡本正史写真集『TOKYO 1985』

「日頃ぼくが写真について強く思っている、リアリティに裏打ちされた写真は、いかに時を経ようと、どんな時代になっていようと、それを見る人の目に、 いまのこととして生々しく突き刺さってくるのだ。(略)岡本君の写真集「TOKYO 1985」には、それら本質的なベースにしかと裏打ちされた確かさがある。」(森山大道の寄稿より)

3,200円+税□
2020年1月6日
300部
A4変型
上製本
モノクロ
ページ数:72
作品点数:60点
編集:大田通貴
装幀:塚本明彦/赤川延美(タイプセッティング)

[インフォメーション]

茂木玲子写真集『魚河岸』

著者は前知識なく築地市場に入り、その活気ある光景に惹かれていった。 圧倒的な魚河岸の日常に躊躇いながらも、シャッターを押していった。 「黒・茶・赤錆がたまらなく愛おしい。薄明かりの人影、水反射に魅せられどれほど夢中になったことか」 (あとがきより)

3,200円+税□
2020年1月16日
300部
A4変型
上製本
カラー
ページ数:96
作品点数:90点
編集:大田通貴
装幀:塚本明彦/赤川延美(タイプセッティング)

[インフォメーション]

原芳市写真集『神息の音』

「神息(かみき)」は原の造語である。 2019年1月から5月に掛けてこの言葉の元で撮影し、そのフィルムから選ばれた27枚の写真。 残された時間を費やして完成をみて、原は2019年12月16日、永眠の床についた。 本作は文字通りの遺作であり、原芳市が最後に見つめた神のいる光景がある。 「悪くない人生だったよ。自分にそう言い聞かせることで、終焉時の安定を保つしかなかった」(あとがきより)。
※本書は大判のため、ご注文の際に送料1,000円が加算されます。予めご了承ください。

5,000円+税□
2019年11月22日
500部
A3変型
上製本
モノクロ
ページ数:68
作品点数:27点
編集:大田通貴
装幀:加藤勝也



蒼穹舎編集:   ■千葉雅人写真集『アイヌは現代生活を取り入れた』
(発行:私家版)  

  ※表記に関するご説明:
   ●=直接注文、蒼穹舎店頭販売分著者署名入り
   ■=直接注文、蒼穹舎店頭販売分著者署名入り(ご希望の方のみ)
   □=署名なし


注文方法:   ご注文、在庫状況等については、E-mail・電話またはファクスにてお問い合せください。
◆Tel / Fax 03-3358-3974(平日、休日ともにPM1:00からPM7:00まで)
sokyusha@yahoo.co.jp
※蒼穹舍刊行書籍に関して、直接ご注文をいただいた方には、送料無料でお送りさせていただきます。

  

ギャラリー:  2020年3月23日(月)ー4月5日(日)
 鶴田厚博写真展「終りの町」



お知らせ:
蒼穹舎刊行本は、2007年8月以後、特約店及び直販のみのお取扱いとなっております。
また、特約店は現在のところ以下11店舗です(順不同)。

【東京】/ナディッフ本店/ナディッフ東京都写真美術館売店/ シェルフ/ジュンク堂書店池袋店/鍬谷書店/代官山 蔦屋書店
【大阪】Calo/MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店/梅田蔦屋/ /BOOK OF DAYS
【新潟】新潟ブックスf3


今後ともどうぞ宜しくお願い致します。